2016年06月06日

快眠グッズのマットレスに必要な条件とは?


快眠のためのグッズとして
枕とぜひセットで使いたいのが快適なマットレスです。

よく眠るために必要なマットレスの条件は、
保温性、通気性とよい寝相を保てるかどうかになってきます。



私たちの体は眠ると体温が下がることが分っていますが、
これは深い眠りを得るために
体内から熱を放出するためで、発汗によりおこっています。

マットレスはこの観点から、
吸湿性・放湿性に優れ、さらに保温性のよいことが第一条件と考えます。




とくに冬場の寒い季節は、寝具の環境がとても大切で、
冬はあらかじめ毛布やあんかなどで中を温めておくと寝つきがよくなります。

反対に寝床が冷たくなっしまっていると、
お布団に入ったときに寒さで体が縮こまってしまい、
体が丸まったりなどの不自然な寝相になることがあります。

これではいい寝相は望めませんね。
寒すぎる夜は保温性のあるマットレスやパッドを敷くのがおすすめです。



夏になると今度は、
マットレスが蒸れて熱くて眠れないという夜もあるかと思います。

これは通気性、吸湿性のないマットレス
またはふかふかすぎるを使うと起こってしまうもの。

こうした問題をなくすには、季節ごとのマットレスを用意するか、
少々高めでも一年を通して快適に使える
上質なマットレスを購入することで解消するでしょう。



また寝相に関しては、
私たちの姿勢は、後頭部から首・胸にかけてと
胸から腰にかけて、背骨が2つのS字カーブを描くようになっていますが、
このカーブを自然に描ける形をキープできるマットレスが理想です。


マットレスが柔らかすぎる場合には、
腰部と胸部が深く沈みこんでS字カーブのすき間が大きくなり、
眠りが浅くなってしまうだけでなく腰痛の原因にもなります。

反対に硬すぎると骨があたり痛みがあったり、
血流が妨げられるなど熟睡ができない原因となります。

このようにマットレスは快眠において
とても重要な役割を担っているので、
睡眠が浅いと思ったら一度マットレスを見直してみてはいかがでしょうか。


posted by 快眠グッズコレクター・pepper at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 快眠グッズ マットレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。